ほにゅうるい研究所

吹奏楽部出身のボカロP・DolphinEのブログ

音楽

格安ギター「PLAYTECH」は非ギタリストDTMerにオススメ

投稿日:2018年12月18日 更新日:

こんにちは、DolphinEです!

今回は、僕が持っているギター「PLAYTECH」というモデルについてご紹介したいと思います。

playtech

我が家のPLAYTECH「ST250Ⅱ」
ぜんぜん練習できてなくてごめんね…

格安ギターの代名詞!

「PLAYTECH」とは、サウンドハウスの独自ブランドであり、最低6000円ほどで買えるため、「格安ギターといえばコレ!」という人も多いでしょう。

そのため、ネットでも多くのレビュー記事や動画が見られるのですが、今回は「ギター未経験のDTMer」という立場から感想等を書いていこうと思います!

ちなみに、僕が持っているのはPLAYTECHのうちの「ST250Ⅱ」という種類で、カラーがいろいろあったので水色を選びました(現在このカラーは販売していないようです…)。

特に大きな問題はない

買ってから現在(2018年12月)半年~8ヶ月ほど、練習頻度は低いですが、特に問題もなく使えています

格安ギターということで、「まともに弾けないのではないか…?」という不安もあったのですが、そこは大丈夫そうです。

また、僕は一応ギターのレッスンに通っていたんですが、そのときに先生にみてもらった際にも、「特に問題はない」とのことでした。

もちろん、細かい部分をみれば良くない部分も当然あるんでしょうが、僕のようなギター未経験者にはわからないレベルです。

…まあこういう安物だと、当たり外れがある可能性もあるとは思うんですが、コレについては後述します。

オススメしたいのはDTMer

タイトルにもあるとおり、PLAYTECHのギターは僕と同じ「ギター未経験のDTMer」の方にこそオススメだと思います。

DTMをやる方ならご存じかと思いますが、ギターって打ち込みだとすごく大変な上に、ほとんど良い結果にならないんですよね…

だから、たとえ安物でもギターが手元にあるっていうのはそれだけで良いことだと思います。

僕の場合、ギターは未だにまともに弾けませんが、コードバッキングくらいなら、1小節 or 1コードずつ録音した上で、ピッチ補正ソフトなり波形編集なりでリズムを合わせればそれなりになります。

ギターソロでさえ、超ゆっくり(本来のテンポの3~4分の1)で録音して、DAW上で速度を変更するのでも割と良い感じにできます。
(波形編集の技術があれば、さらに上手い人っぽくできるんじゃないでしょうか…)

音作りに関しても、重要なのはどちらかというとアンプシミュレーターですしね。

↓参考までに、こちらの曲はバッキングもソロも上の要領で、PLAYTECHを用いて作ってます。

さらに、ギターを打ち込みで作る場合でも、実際に手元にギターがあるといろいろと役に立つはずです。

このような用途の場合、PLAYTECHは十分に役割を果たしてくれるし、それに対する値段も非常に安く、お得だと思います。

ギターを頑張りたい人には不向き…?

ただし、ギター未経験のDTMerさんでも「これから一生懸命ギターを練習したい!」という方や、普通にギタリストとして上手くなりたいという方には、PLAYTECHは向かないんじゃないかなと思います。

これは何もPLAYTECH云々に限った話でもないですが、個人的には上記のような気持ちがある方は、最初からそれなりに良いものを買った方が良いと思います。

PLAYTECHの場合、先ほど述べたようにギター1本1本の個体差(?)は大きくなっている可能性もありますし、ギターに精通した人からすれば、結局は「とりあえず弾ける」程度でしかないでしょう。

なので、PLAYTECHは「ギターをそれほど頑張りたい訳ではないが、ギターが必要な人」や「とりあえずギターに触ってみたい人」にオススメしたいです。

…え、僕ですか?僕はあんまりギターを頑張るつもりはないです。
その分の時間は曲作りや波形編集の練習に当てます。

「とりあえず弾ける」が重要

PLAYTECHは、ギターに詳しい人からすれば「とりあえず弾ける」程度の安物でしょうが、DTMerにとってはこれがあるのとないのでは大違いだと思います。

まともに弾けない僕でも、ギターを持ってメロディと向き合うと「こんな風に弾くといいかも」という案が思いつきますし、編曲の際にとりあえずギターを入れとくとかなり間が持ちます。

なので、是非ともDTMerさんは、めったに弾かなくてもPLAYTECHを部屋に置いておくのが良いのではないでしょうか。

-音楽
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした