ほにゅうるい研究所

吹奏楽部出身のボカロP・DolphinEのブログ

DTM・作編曲 楽器・機材

エレキギター初心者にPLAYTECHがオススメな理由と体験レビュー

投稿日:2019年5月9日 更新日:

こんにちは、DolphinE(どるふぃーね)です!

今回の記事では、”格安”と評判の「PLAYTECH」というギターモデルが、ギター初心者の方にオススメな理由を、僕自身の体験を含んだレビューを通してお伝えしていきたいと思います。

ギター初心者・ギターをはじめてみたい人にはPLAYTECHがオススメ

読者さん
読者さん
ギターをはじめてみたいけど、いきなり高いのはちょっと…


このように思う方、多いんじゃないでしょうか?

そのような方にこそ、わずか7000~8000円ほど(サウンドハウスでの購入の場合)で購入でき、しかも完成度も高い「PLAYTECK」がオススメです!

 

DolphinE
DolphinE
僕自身、アコギを始めるときに3万円の入門モデルを買って挫折したので、エレキギターを始めるときはできるだけ安く抑えたいと思い、PLAYTECKにたどり着きました。

 

ですが、”格安”と聞いて

本当に使い物になるの…?
読者さん
読者さん

と不安に感じる方もいるかと思います。

ギターは本来、安くても1~3万円、一般的には5~10万円ほどするのが当たり前なので、7000円と聞いて性能を疑うのも当然だと思います。

そこで今回は、僕自身の体験を踏まえながらPLAYTECKの良さをお伝えし、そのような不安を解消してもらえたらと思います!

 

playtech - コピー

↑僕の所有するPLAYTECH「ST250Ⅱ」

スポンサーリンク

ギター初心者にPLAYTECKがオススメな理由①コスパ最強!

まずは、単純にコストパフォーマンスという視点から見た場合、PLAYTECHは最強だと感じています。

というのも、わずか数千円で、ここまでしっかりと使えるギターが手に入るのは、おそらくPLAYTECHだけだと思います。

PLAYTECH以外の格安ギターというと、上述した通りおそらく1~3万円くらいのものが多いと思います。しかし、この価格帯のギターは、大なり小なりどこかに無理をして作られていると考えられます。

DolphinE
DolphinE
本来、5~6万円以上が当たり前のものを、そのような値段で販売しているのですから、当然といえば当然ですね…


もちろん、PLAYTECHにもそのような部分はあるとは思いますが、後述するようにそれほど気になるものではありません。

であれば、ヘタに1~3万円のギターを買うくらいであれば、最初から高めのちゃんとしたモデルのギターを買うか、”格安”に特化したPLAYTECHを買うかのどちらかにするのが良いのではないか、と僕は考えています。

ギター初心者にPLAYTECKがオススメな理由②プロも納得の使用感!

続いては、実際のギターの使用感についてですが、これはプロからのお墨付きをもらっています!

というのも、そもそも僕がPLAYTECKの購入に至った経緯が、ギタリストでもあったDTMレッスンの先生にオススメされたからだったんですね。

さらに、僕はその先生とは別の方からギターのレッスンを受けていたんですが、その先生に弾いてもらってみても、やはり「全然悪くない」という評価のようでした。

DolphinE
DolphinE
…というか、そこの教室の貸し出し用の楽器もPLAYTECHだったりしましたwww

 

POINT

もちろん、上述した通りPLAYTECKにも良くない部分はあり、プロからすればすぐにわかったんだと思いますが、それでも初心者がギターの基礎を身につけるには十分なできだということでしょう。

また、僕自身が弾いたときも、特に大きな問題はありませんでした。

やはり初心者のうちは、ギターそれぞれの細かい違いに気づくことは難しいので、PLAYTECKで基礎を身につけ、ある程度ギターに精通してから高いギターに持ち替える、というのが良いかと思います。

サウンド面に関しても、これまで自分の曲作りの中でPLAYTECHを使用してきて、ギター本体の力不足を感じたことはありません。DTMレッスンの際に先生にそのような曲を聴いてもらっても、ギターのサウンドについて指摘されることはほとんどなかったと思います。

DolphinE
DolphinE
サウンドに関して重要なのはアンプやアンプシミュレーターなので、
「PLAYTECHだから音がしょぼい!」というのは違うと僕は思います。

 

もし、PLAYTECHのサウンドにしょぼさを感じるとしたら、そのときはアンプや演奏内容を見直す必要があると思います。それらを改善しない限り、たとえPLAYTECHよりも良いギターに持ち替えたとしても、問題は解決しないと思います。

スポンサーリンク

PLAYTECHのデメリット

ここまでは、PLAYTECHをオススメするため、良いところを中心に書いてきましたが、それだけだとフェアではない気がするので、PLAYTECKのデメリットについても書いておこうと思います。

とはいえ、これらはメリットと表裏一体な部分もありますし、この記事を読んでいるであろうギター初心者の方には気にならないかと思います。

PLAYTECKのデメリット①一生モノにはなり得ない

やはりこの価格帯では当然ともいえますが、一生使い続けられるモノにはなり得ないんじゃないかな、と感じます。

ここまで何度も言っていたように、やはり数万円以上するギターに比べれば、いろいろな部分が劣っているのは間違いないと思います。

そして、耐久面もそうですが、それ以上にギタリストとして成長していくにつれて、そのような良くない部分に物足りなさを感じるはずです。

DolphinE
DolphinE
逆に、それを感じてない僕は、ギタリストとしてまだまだ、ということですね。


特にプロの演奏者を目指す人の場合、楽器に対する知識も絶対に必要ですからね。そうなってくると、PLAYTECHの良くないところに、必然的に気付いてしまうでしょう。

…まあ、最初からプロを目指している人であれば、PLAYTECHなんて買わないでしょうけど、PLAYTECHで気軽にギターを始めてから、本格的にプロを目指す人もいるかもしれないので。

PLAYTECKのデメリット②気軽にやめやすい…?

もう一つ、これは僕だけかもしれませんが、感じたデメリットを書いておきます。

PLAYTECHは上記の通りコスパが良いので、ギターを気軽にはじめやすいというのは理解できると思います。これはもちろんメリットなんですが、あまりに気軽にはじめられるため、挫折しそうになったときにそのまま投げだしやすいんじゃないかなと思っています。

POINT

具体的にいうと、初めて買うギターから数万円のものを買った場合であれば、「○万円も使っちゃったし、もう後には引けない!」となって必死に頑張るかもしれませんが、PLAYTECHだと「数千円だし、別にいっかwww」と簡単に諦めやすいということです。

まあ、これについては一長一短という感じですが、なぜこれを書こうと思ったのかというと、まさに僕自身がこういう理由で一時期ギターを弾かなくなってしまっていたんですよね…

DolphinE
DolphinE
“ものは試し”というようなものすごく気軽な気分で購入したので、ギター演奏にほんの少しの壁を感じただけで、そのまま触らなくなってしまいました…


「曲作りでギターを使いたいだけで、ギタリストになりたい・ギターが好きだという訳じゃない」という僕自身の理由も大きいとは思いますが、PLAYTECHのあまりの安さからくる気軽さも一因だったと感じています。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。
最後に、今回の記事について簡単にまとめておきます。

  • PLAYTECKはギター初心者にオススメ!
  • コスパ最強!使用感もGood!
  • 当然、安いが故のデメリットも…

僕自身の体験としては、PLAYTECHを手にしたことによって、曲作りの腕もかなり成長できたし、アコギを弾いていた頃に比べてもギターを弾ける時間が増え、ギター自体を少しずつ楽しめるようになってくるなど、「買って良かったな」と思えることがたくさんありました。

もちろん、誰もが僕と同じように良い結果に繋がるとは限りませんが、少しでもPLAYTECHの購入を迷っている方の参考になったら嬉しいです。

そして、あなたがPLAYTECHを手にしたとき、ギターや音楽をより楽しめるようになることを願っています!

ありがとうございました!

スポンサーリンク

 

-DTM・作編曲, 楽器・機材
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

DTM初心者に既存曲のアレンジカバーをオススメする理由と制作のコツ

今回の記事では、DTM初心者の方に向けて、既存曲のアレンジカバーを作る事をオススメする理由と、その制作のコツを、僕自身の実体験を交えてお伝えしていきたいと思います。 目次 DTM初心者が最初にやるべき …

J-POP・ロック・アニソンのジャズアレンジが簡単にできる作り方

こんにちは、DolphinE(どるふぃーね)です! 今回の記事では、多くの方が「難しそう…」という印象を持っているであろう、J-POP・ロック・アニソンなどの既存曲のジャズアレンジをDTMで簡単に行う …

ギター打ち込みで悩むDTMerは今すぐPLAYTECHを買うべき3つの理由とは?

こんにちは、DolphinE(どるふぃーね)です! 今回の記事では、多くのDTMerさんが悩んでいるであろうギターの打ち込みについて、その解決策をお伝えしていきたいと思います。 かなり度肝を抜かれるよ …

実例から学ぶ既存曲Remixの作り方①FlamingoをEDM風に

こんにちは、DolphinE(どるふぃーね)です。 今回から、既存曲のアレンジやRemixの作り方について、僕が実際に作ったアレンジを解説しながらお伝えしていきたいと思います。 第1回の今回は、201 …

サックス用消音器「e-Sax」のレビュー…メリットとデメリット

こんにちは、DolphinE(どるふぃーね)です! 今回は、BEST BRASSが出しているサックス用消音器「e-Sax」について、実際使用してみて感じたことをレビュー記事としてまとめてみようと思いま …

スポンサーリンク