ほにゅうるい研究所

吹奏楽部出身のボカロP・DolphinEのブログ

DTM・作編曲

超お手軽にジャズアレンジを作る方法 ピアノ&コードアレンジ編

投稿日:2019年3月24日 更新日:

こんにちは、DolphinEです。

超お手軽にジャズアレンジを作る方法、第3回の今回はピアノ&コードアレンジ編です。
第1回→ジャズドラム編
第2回→ウォーキングベース編

今回も例によって、まずは解説していく米津玄師さんの「Lemon」のジャズアレンジを聞いてみましょう。

第3回、ピアノ&コードアレンジ編!

第3回の今回はピアノとコード進行のアレンジの仕方を解説していきます。
なお、この記事でジャズアレンジの作り方の解説は終了となります。

最後の一踏ん張り、頑張りましょう!

というわけで、今回もまずはピアノオンリーで聞いてみましょう。

それでは、実際にこのアレンジを見ていきましょう。

コードはアレンジしなくてもOK!?

タイトルにコードアレンジと入れておいて何ですが、正直コードは全くアレンジせず、原曲通りでも大丈夫だと思います。

試しに、こちらを聞いてみてください。


これは、コードを原曲通り弾いたピアノに、ドラム・ベース・メロディを足したものです。
ついでに、ピアノのボイシングも単純化しています。

これでも結構、ジャズっぽく聞こえませんか?

というのも、すでにドラムとベースでしっかりとジャズっぽさを出せているし、そもそもドラム・ウッドベース・ピアノという編成自体がジャズのド定番なので、ピアノのアレンジが適当でも割とそれっぽく聞こえるというわけです。

また、リズムについても、ソロで聞いたときに既にお気づきかもしれませんが、基本的に同じパターンを繰り返しているだけです。
(少しだけ、メロディに合わせて変えているところもありますが…)

これは、ジャズドラム編のスネア&バスドラムのアレンジと同じことをしています。

本来のジャズピアノは、やはりフィーリングでランダムなリズムを弾くんですが、これを単純化して同じリズムパターンの繰り返しにしてしまうわけですね。

この方法でも、意外とジャズらしさは出るので、超お手軽なアレンジを目指す際には非常に有効です。

コードアレンジは、セブンスコードが基本

とはいえ、やはりコードをアレンジするのとしないのでは、ジャズっぽさに大きな差が出てきます。

しかし、コードのアレンジについても比較的簡単に行う方法がありますので、ぜひこちらにも挑戦してみてください。

それでは、まずはこちらをご覧ください。

これは「Lemon」原曲のコード進行になります。

続いてこちら。

こちらは僕がアレンジしたコード進行です。

多くのポップス曲のコードは、ダイアトニックコード(=その曲のキーの音階の音だけでできたコード)になっています。

「Lemon」の場合、キーがBメジャーで、ほとんどのコードはBメジャースケールに含まれる音で構成されています。
つまり、ほとんどがダイアトニックコードだということですね。

で、ジャズのコードは基本的にセブンスコード(四和音)で演奏されます。

なのでまずは、原曲で三和音になっているダイアトニックコードを、四和音のダイアトニックコードに変えてやるところから始めるといいでしょう。

使う音は、その曲のキーの音階だけなので、そんなに難しくはないはずです。

ちなみに、その曲のキーの調べ方ですが、コード進行を見て判断する、メロディの音から判断するなどの方法があるんですが、より簡単な方法としてはWaveToneなどのソフトを使って解析をしてしまうやり方もあります。

ドミナントセブンスには注意!

ただし、ダイアトニックコードであっても注意が必要なコードもあります。

それは、スケールの5番目の音をルートとしたコードです。
「Lemon」でいえば、F#ですね。

このコードをスケールに則って四和音にすると、F#7というコードになるんですが、これはドミナントセブンスと呼ばれる不安定なコードです。

そしてこのコードは、その次にスケールの1番目の音をルートとしたコード(F#7の場合、BまたはBM7)に進行したがる性質があります。

…要するに、ちょっと特殊なコードなんです。

ドミナントセブンスと聞いて、「ああ、あれね」とすぐに分かる方なら大丈夫だと思うんですが、そうでない方は、アレンジの際に5番目の音をルートにしたコードが出てきたときは、原曲のままにしておくのがいいと思います。

ちなみに、僕が作った今回のアレンジの場合、基本的にF#はそのままにしてあります。
が、最後のF#だけはF#7に変えてあります。

これは、その次のコードがBM7であり、ドミナントセブンスにしても問題ないからです。

ノン・ダイアトニックコードは放置!

さて、ここまではダイアトニックコードについてのお話でしたが、やはりポップスといえども、ノン・ダイアトニックコードが出てくるところもそこそこあります。

今回アレンジした「Lemon」でも、何カ所かありました。

その場合どうすればいいのかというと、アレンジせず、原曲のコードのまま放置します!www

ノン・ダイアトニックコード自体が、非常に扱いの難しいコードであり、さらにそれをアレンジするとなると、コード理論に対して深い理解が必要となります。

さらにジャズのコード理論ともなると、やれテンションだ、やれ裏コードだ…といったような超難解な理論も存在します。

今回は超お手軽なアレンジを目指していますし、そもそも僕自身もコード理論を良く理解しているかというとそうでもありません。
あくまで、普通のポップスを作るために必要な知識しかありません。

ですがそれでも、最初にお聴きいただいたものくらいのアレンジはできますので、分からないものは思い切って放置しちゃいましょう!

ボイシングについて

最後に、ボイシングについても軽く触れておきたいと思います。

とはいえ、この辺は実際にピアノの演奏経験のある人じゃないと難しいと思います。

僕自身、ピアノの演奏経験はないので、実はピアニストさんからすればあり得ないアレンジをしてしまっているかもしれません…

一応僕の場合は、まずはじめに単純にコードをルート・3rd・5th・7thの順に並べていきます。

その後、DTMレッスンの先生から教わった「トップノートをあまり動かしすぎない」ということを意識して、コードを転回させています。

ただ、以外とルート・3rd・5th・7thの順に並べるだけでも、全体で聴くと分からなかったりするので、初めのうちは深く考えなくてもいいかもです。

実際のジャズの演奏だと、ボイシングについても特徴があり、ルートと5thは弾かずに、テンションをのっけたりするそうです。

ただ、それをジャズピアノの演奏経験のない人が再現しようとすると、かえってかっこわるいアレンジになってしまうような気がします。
…少なくとも、僕の場合はうまくいかず、上記の簡単な方法が一番良い結果になっています。

ボイシングまでこだわりたいという人は、ぜひご自身でジャズピアノの勉強や演奏を頑張ってください。

…超お手軽どころか、超難解なイバラの道でしょうけど。

ぜひあなたも挑戦してみてください!

いかがでしたでしょうか?
今回で、超簡単なジャズアレンジの解説は終了となります。

皆さん、おそらく「ジャズって難しそう…」というイメージがあったと思います。僕自身も、ガチのジャズを聴いていた頃はそう思っていました。

ですが、ジャズの難しい要素を排除しても、大事な特徴を押さえていれば意外とちゃんとジャズに聞こえるということが、今回の記事で伝わったんじゃないでしょうか?

ぜひ皆さんにもジャズアレンジに挑戦していただき、ジャズっぽい雰囲気を楽しんでもらえたらと思います。

そして、たくさんの曲のジャズアレンジが生まれ、聴けるようになったら嬉しいです。

全3回、読んでいただきありがとうございました!

-DTM・作編曲
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

超お手軽にジャズアレンジを作る方法 ウォーキングベース編

こんにちは、DolphinEです。 超お手軽にジャズアレンジを作る方法、第2回の今回はウォーキングベース編です。第1回のジャズドラム編はこちら 第1回でも公開していますが、この記事から見てくれている方 …

超お手軽にジャズアレンジを作る方法 ジャズドラム編

こんにちは、DolphinEです。 今回より数回にかけて、DTMでお手軽に、既存曲をジャズ風アレンジする方法を書いていきたいと思います。 まずは最初に、今回の記事のために制作した、米津玄師さんの「Le …