ほにゅうるい研究所

吹奏楽部出身のボカロP・DolphinEのブログ

マンガ

【ごちうさ】ココアちゃんお誕生日おめでとう!【おすすめエピソード紹介】

投稿日:2018年4月10日 更新日:

こんにちは、DolphinE(どるふぃーね)です!
本日、4月10日は「ご注文はうさぎですか?」に登場する保登心愛ちゃんの誕生日ですね!
ココアちゃんお誕生日おめでとう!

今回は記念に、僕が個人的に「この回のココアちゃん良いなぁ」と思った原作のエピソードを3つご紹介します。

おんぶがかわいい!(5巻第1話)

まず最初にご紹介したいのは、5巻の第1話「あついのはきずなだけでじゅうぶんだよ」です。
これは、ラビットハウスの夏用制服を作るエピソードです。

個人的に、この回は原作の中でも特に好きな話なので、紹介するエピソードを考えていたときに真っ先に頭に浮かびました。

そんなこのエピソードのココアちゃんは「おんぶがかわいい」です。

具体的には、夏バテしたココアちゃんをリゼちゃんがおんぶしてあげる場面と、落ち込んだチノちゃんをココアちゃんがおんぶするシーンです。

リゼちゃんにおんぶされるシーンでは、「だめだよー恥ずかしいよー」と言いながら嬉しそうにリゼちゃんの背中に乗っかるココアちゃんがすごくかわいらしいですね。
また、この後チノちゃんを手招きして二人でリゼちゃんにおんぶされています。

甘えん坊なところとやんちゃなところがすごくココアちゃんらしいですね。

一方ココアちゃんがチノちゃんをおんぶするシーンでは、リゼちゃんと二人ですごくお姉さんらしいです。

リゼちゃんは「焦らなくてもだいじょーぶ」と言ってチノちゃんの頭をなで、チノちゃんをおんぶしたココアちゃんは「なんとかなるなーる」と言って励まします。

この場面は見ていて本当にほっこりします。
僕にとってこのシーンは、ごちうさ原作の中で一番好きなシーンであるといっても過言ではないほどです。

アコーディオンを弾くココアちゃんがかわいい!(6巻第1話)

次のエピソードは、6巻の第1話「きらきら印を見つけたら」です。
これは皆で音楽をやるエピソードですね。

音楽をやっている身としては、こういう音楽をネタにした話は読んでてすごく楽しいですね。
皆がどんな音を奏でているのか、想像が膨らみます。

最初の場面では、ココアちゃんのアコーディオンの腕は残念なものに思えます。
しかし、それは弾き語りのときの話であって、アコーディオン単体であればちゃんと演奏できるようです。

歌と演奏が同時にできないというのも、なんだかココアちゃんらしくて納得してしまいますね。
ただ、僕もギターで弾き語りを練習中なんですが、歌と演奏を同時にやるのは思った以上に難しいです。
本当に最初のシーンのココアちゃんみたいな不協和音になってしまいます…

ココアちゃんがアコーディオンを弾けるのは、小さい頃に姉のモカさんと一緒におもちゃの楽器でセッションしていたからだそうです。
このシーンの姉妹は本当にほほえましかったですね。

そして実家に帰ると本物になっていたという衝撃…
チノちゃんの「どこで差がついたんでしょうね」というツッコミもさえてますね。

モカさん…僕にもギター、教えてください…

不運なココアちゃんがかわいい!(1巻第11話)

最後にご紹介するのは、1巻の第11話「カウンターココア」です。
このエピソードでは、ついてないココアちゃんの姿が見られます。

まあやっぱり一番気になるのは、ココアちゃんの「水玉」ですよね。
スカートがめくれていることに気付かなかったココアちゃん…
「おいカメラ!もっと下ァ!!!」と思ったのは僕だけではないはず。

また、最初は気付かなかったのですが、この回の一番最後の4コマを見てみると、ココアちゃんはおでこに絆創膏を貼っています。
なんか、ちょっとかわいいですよね。

これは、シャロちゃんに小銭をぶつけられちゃったからですね。
ぶつけられてるコマではあまり痛そうにしていなかったのですが、やっぱりそうでもなかったんですね。

さらにこの回では、魔性(?)なココアちゃんも見られます。
千夜ちゃんの手相占いで、魔性を秘めているという結果から、魔性のイメージの話に。
そこでココアちゃんは、ハンカチを落とした先輩をナンパします。

…うらやましい。僕もココアちゃんにナンパされたいです。
あと、同じシーンで千夜ちゃんのセクシーポーズも見られます。
ぜひココアちゃんにもセクシーポーズ、やってみてほしいですね。

ちなみに、この場面でナンパされた先輩は、その前日にチノちゃんのコーヒー占いで「水玉模様を身に着けた年下の方に誘惑される」という結果が出ています。
チノちゃんの占いはよく当たるんですね。

一方、ココアちゃんの占いはその不幸がすべて自分に跳ね返ってきてしまうようですね。
まさしくサブタイトル通り「カウンター」といった感じです。

どんなココアちゃんもかわいい!

いかがでしたでしょうか。

今回の記事を書くにあたり、いろいろなエピソードを読み返したのですが、やっぱりどんなココアちゃんもかわいいと改めて思いました。

皆さんも、ぜひ今回の記事でご紹介した場面に注目して、もう一度読んでみてください!
それから、自分はどんな場面が好きなのか振り返ってみるのも、結構楽しいのでオススメです。

改めて、ココアちゃんお誕生日おめでとう!

-マンガ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした